Zero energy ゼロエネルギー住宅

daikuyaのゼロエネルギー住宅「無」imakara 家

ゼロエネルギー住宅とは、使うエネルギーをゼロにする住宅ではなく、家庭で使う電気やガス0のエネルギーを家庭の太陽光発電システムなどでつくるエネルギーで賄う住宅のことを言います。

一般的に「断熱性能や気密性能を向上させた家」、「高効率な住宅設備」、「創エネ設備」を兼ね備えた住宅のことを言います。 地球温暖化、家庭内の消費エネルギーの増大、原子力から再生可能なエネルギーへ転換が求められる日本の現状において、今から大切にしなければならない事がいくつかあります。

私たちが住む地球を守るために次の世代へ美しく安全な地球を受け渡していけるように大工家-daikuya-はzero imakara home(ゼロ イマカラホーム)と称し、次世代(子どもたちへメッセージとして)へ継承していく家づくりを目指しています。







一次消費エネルギー 化石燃料や核燃料、太陽熱、太陽光、水力、地熱、風力など、自然界に存在するままのエネルギー源のことです。これに対してガスや電気など、一次エネルギーを利用しやすい形にしたものを二次エネルギーと呼びます。ゼロエネ住宅の消費エネルギーを計算する場合、二次エネルギーは一次エネルギーに換算して計算が行われます。 省エネ性能の向上 換気や断熱、採光の工夫によって、住宅が消費する電力などのエネルギーを最小限に抑えた建築をするということ。空気の温度差を利用して自然換気を行う家や、夏場の日照による室温上昇を防ぐ建築などがあげられます。 エネルギーの面的利用 それぞれの住宅が個別に省エネルギー対策をすると無駄が多く効率が悪くなるため、地域単位をひとまとまりとして(面的に)エネルギーの利用効率を高めること。燃料電池の共有や排熱の二次利用など。 再生可能エネルギーの活用 住宅が必要とする電力などのエネルギーを、住宅に設置した太陽光発電システムなどによって賄うという意味。